【インタビュー】「月に咲く花の如く」チェン・シャオ #1「沈星移はずっとそこにいる星」※ネタバレあり※

【インタビュー】「月に咲く花の如く」チェン・シャオ #1「沈星移はずっとそこにいる星」※ネタバレあり※

2018年11月 8日 11:00

【インタビュー】「月に咲く花の如く」チェン・シャオ #1「沈星移はずっとそこにいる星」※ネタバレあり※

2017年中国時代劇ドラマ視聴率No.1を獲得し、社会現象となった大ヒットラブ史劇超高文 「月に咲く花の如く」。変わりゆく時代のなか、ヒロイン周瑩を一途に愛し続けた御曹司・沈星移を演じたチェン・シャオに「月に咲く花の如く」について話を聞いた。

第1回「沈星移はずっとそこにいる星」 2018.11.8更新 ※ネタバレあり※
第2回「演じることは、視聴者をその世界に連れて行くこと」 2018.11.9更新 

【プロフィール】チェン・シャオ
'87年7月5日生まれ、安徽省身世 。主な出演ドラマに「後宮の涙」('13)「月下の恋歌 新笑傲江湖」('13)「雲中歌~愛を奏でる~」('15)。'14年の「神鵰俠侶(原題)」で共演した台湾女優ミシェル・チェンと'16年に結婚。

★「月に咲く花の如く」公式サイト 

============

※ネタバレあり:物語後半の展開に触れています。ご視聴後に読まれることをお勧めします※

【インタビュー】「月に咲く花の如く」チェン・シャオ #1「沈星移はずっとそこにいる星」※ネタバレあり※

―この作品の出演の決め手は何でしょうか?

僕にとっての決め手は、ストーリーが面白いところです。僕の中では面白いドラマと面白くないドラマしかなく、面白いドラマであれば僕は喜んで演じます。

「月に咲く花の如く」は僕とディン・ヘイ監督の2回目の作品になりました。一回目は「大秦帝国」。そして今回も出演させて頂き本当に光栄だと思いました。「大秦帝国」の後、こんな大事な役をやらせて頂けるなんて思っていなかったので、本作のお話をいただいた時はちょっと興奮しながらも、ちょっと緊張もしました。「大秦帝国」の撮影で、監督はすごく厳しい方だと分かっていたので...(笑)。

― チェン・シャオさんから見た沈星移はどのような人物ですか? 沈星移を演じながら、共感できたところ、共感できなかったところはどんなところでしたか?

「月に咲く花の如く」は時代を跨いでいます。沈星移も放蕩息子から愛国者になっていきます。僕は沈星移がすごく豊かな人物だと感じたので、ちゃんとこのチャンスを掴まえて、この役の成長過程を演じることを楽しもうと思いました。

沈星移はすごく多様性があり、成長の波が続いているので、共感できるしリアリティもあります。僕は沈星移みたいに明るくはないです。人間の性格を外向的と内向的と分けると、沈星移は外向的、僕は内向的だと思います。でも、彼のことは了解 できました。

【インタビュー】「月に咲く花の如く」チェン・シャオ #1「沈星移はずっとそこにいる星」※ネタバレあり※


― 沈星移を演じるにあたり、役作りはどのようにされましたか?

自分とは性格も違う豊かなキャラクターにチャレンジすることは、僕にとってゲームみたいな感じで、難しければ難しいほど内容が素晴らしくなります。自分がチャレンジしたいと感じている時は特にです。誰かに教えを請うのはいい方法だと思っています。先輩や監督は経験も経歴も僕より多いから、彼らとよく話をすることによってインスピレーションが得られるかもしれない。そういう時に切り口を探せれば、いいものを出せるはずです。皆さんが本作で見た細かい部分や細部の動きなど、その人物がその状況でやりそうな表現は、話し合いから見つけていきました。

― 沈星移は、周瑩のどこに惹かれたと思いますか?また、チェン・シャオさん本身 が思う周瑩の魅力とはどんなところだと思いますか?

沈星移と周瑩の恋爱は(自分でその気持ちに)気がつくのが遅いものでした。誰かのことをすごく愛しているのに、自分はまだ気付いておらず、独占欲だと勘違いしている。恋爱の話じゃないと思って考えることも避けているのに、いつかある瞬間、何かのきっかけによって急に自分が愛していることに気がつく。でも、実は結構前から相手のことが好きになっていたんですよね。自分では気付いていなかっただけで。こんな感覚は、すごく繊細なものなので僕も演じながら楽しかったです。